サントリー白州蒸留所見学(信濃屋社員研修)

サントリー白州蒸留所見学

6月8日サントリーさんのご協力の元、信濃屋の新入社員を中心に社員研修の一環として「サントリー白州蒸留所見学ツアー」を実施しました。

サントリーのスタッフの方の丁寧な説明のもと、シングルモルトウィスキーが出来る工程を実際の蒸留所を見学しながら学びました。

信濃屋新入社員研修:ウィスキーの発酵槽

白州蒸溜所では発酵の際に、ステンレスの桶ではなく木桶を使用しますが、乳酸菌が木桶に棲みつき、その働きによって成分豊かな原酒となり味わいや香りに深みが出るそうです。

信濃屋新入社員研修:ウィスキーが出来る工程

蒸留工程で使用する迫力のポットスチル。壮観です!

ウィスキーの蒸留ポットスチル

よく見ると微妙に形が違います。原酒は釜の形や大きさによって違いがでるそうで、ひとつの蒸留所で多様な原酒を作るためだそうです。

樽熟成

樽によって同じ原酒でも味わいが変わるため、細かく樽を使い分け熟成をコントロールしています。

ウィスキーのテイスティング

テイスティングセミナーでは、各国のウィスキーを一挙に試飲できその魅力を学びました。

テイスティングアイテム:
1.バランタイン ファイネスト(スコッチ)
2.カネマラ(アイリッシュ)
3.メーカーズマーク(アメリカン)
4.カナディアンクラブ(カナディアン)
5.知多(日本)
6.白州(日本)

各国の風土・文化から生まれる歴史のあるウィスキーをスライドを見ながら学び、改めてウィスキーの持つ奥深さに魅せられました。

南アルプスの麓の「森の蒸溜所・白州」ならではの景色や新緑の香りに癒され、その場にいなければ決して感じることの出来ない貴重な体験をさせていただきました。

この研修で学んだことをしっかりと吸収し、信濃屋にご来店いただくお客様にウィスキーの魅力をお伝えし、お酒選びのよりよいお手伝いをさせていただるよう、これからも更に勉強していきたいと思います。

サントリーさん大変お世話になりました。
ありがとうございました。

You may also like...