【生産者試食販売レポ】あわたまオニオンスープで人気のコスモス食品さんによるフリーズドライの実演販売(代田食品館にて:3月17日)

コスモス食品フリーズドライ
コスモス食品さんのフリーズドライ製法機↑↑

保存食や携帯食、最近では調理が手軽ということから人気のフリーズドライ食品。
けれど、フリーズドライ食品っていったい何?
安全性や栄養面は?素材の鮮度は?と疑問がいっぱい。

そういった疑問に少しでもお答えして安心して商品をご購入いだくため、実際にフリーズドライされていく過程をお客様にご覧いただこうと、コスモス食品さんよりフリーズドライ製法機をお借りしまして実演販売を行いました。

↓↓コスモス食品さんの「あわたまオニオンスープ」のフリーズドライ
コスモス食品あわたまオニオンスープ

フリーズドライとは、物体を真空状態に置き、水分を凍結→蒸発→昇華させ乾燥させる技術とのこと。

気圧が低いと沸点が下がるそうです。
つまり、気圧が低ければ、温度が低くても水が沸騰します。
物体を真空状態に置くことで水分が常温でも沸騰し、沸騰の際、水分が蒸発し蒸発の際、気化熱が奪われ物体の温度が下がり、そして氷へと変化します。

↓↓真空状態で、水分が蒸発して温度が下がり凍った状態のイチゴ
コスモス食品フリーズドライされている過程:凍った状態

さらに真空状態を続けると、昇華という現象がおき物体が乾燥したフリーズドライとなるそうです。

上の写真と下の写真の重さにご注目!乾燥して約8グラムも軽くなっています!

↓↓凍ったイチゴが昇華し乾燥したフリーズドライのイチゴへと変化
コスモス食品フリーズドライされている過程:凍った状態

と、ちょっと小難しいですが、全く無知な私の質問にもコスモス食品スタッフの圓井(まるい)さんや大江さんは、丁寧に丁寧に分かりやすく教えてくれました。

↓↓スモス食品の圓井(まるい)さん
コスモス食品圓井(まるい)さん

フリーズドライの過程で物体の栄養素や味わいなどが損なわれることはなくそのままだそうです。お湯を注ぐと香りまでもそのまま再現されるとのこと。

ご来店いただいたお客様も、興味深げにフリーズドライされる過程をご覧になられていました。
実際に試食をして一番気になる素材の鮮度や美味しさもそのままだとわかり、安心してご購入されるお客様。

コスモス食品圓井(まるい)さん

安心して納得して商品をご購入いただきたいという信濃屋の思いをお客様にお伝えするのに、フリーズドライの実演販売は大成功でした。

ご来店いただきましたお客様、誠にありがとうございました。
そして、ご協力下さいましたコスモス食品様、ありがとうございました。

あわたまオニオンスープのキャラクターが施されたコスモス食品さんの車。↓↓
これで、フリーズドライ製法機を運んで下さいました。
コスモス食品あわたまオニオンスープ width=

私も実際に購入して、あわたまオニオンスープやフリーズドライのお味噌汁をいただいたんですが、とても美味しそうな香り、そして食感にお味でした。

ちょっと家事を手抜きしたい時や、携帯食・保存食などにぴったりです。

コスモス食品あわたまオニオンスープ

————————————————-
株式会社コスモス食品

昭和43年創業。フリーズドライ食品のパイオニア。
食材の持つ、栄養成分や風味・香りを長期に保存できるフリーズドライ技術を追究し、独自の技術を活かした食品製造を行う。原料栽培にまで踏み込んだ素材の開発から、商品がお客様の手元に届くまで幅広く安心安全の確保に取り組んでいる。

株式会社コスモス食品HP
http://www.cosmosfoods.co.jp/
————————————————

本当に美味しいものには理由がある!

信濃屋ではお客様に商品のよさを知っていただき納得してご購入いただくために、その商品を作っている生産者による試食販売を定期的に実施しています。

生産者自らが商品の良さ、商品に対する思いを発信することで、よりお客様にその商品について理解し納得してご購入いただく機会になればと思っています。

本当に素晴らしいものを作っている生産者とお客様をつなぐ、それが信濃屋の役目です。

You may also like...