お客様向け無料セミナーレポート:納豆から考える私達の健康のお話(代田食品館7月7日)

7月7日、代田食品館で納豆の無料セミナーを開催しました。
体に良いといわれる納豆。
期待される効能や新しい食べ方などを、納豆を作り続けて70年、本当に安心で安全な美味しい納豆作る生産者として信濃屋でも人気の、登喜和食品社長、遊作氏を講師に迎えレクチャーしていただきました。

株式会社登喜和食品 × 信濃屋

納豆菌のはたらき

納豆は、大豆を納豆菌によって発酵させた発酵食品。
納豆菌の働きは、大豆を発酵させ様々な酵素を生成します。
その代表的な酵素がナットウキナーゼです。
また、大豆由来のイソフラボンやビタミンB群を豊富に生成するのも特徴です。

納豆菌は、腸内の乳酸菌などの有用菌を増やし、また有害菌を抑制し、腸内細菌のバランスを整えてくれる効果が認められています。

ナットウキナーゼのはたらき

納豆のネバネバ部分に含まれるタンパク質分解酵素がナットウキナーゼです。
納豆にしか含まれていない栄養で、他の食品からは摂取できません。

血栓を色んな角度から溶解するのが特徴で、血液をサラサラにして、動脈硬化など血管系の病気を予防する効果が期待できます。

包装容器が納豆を育てる

容器は納豆の「ゆりかご」
と遊作社長は言います。

蒸煮した大豆は商品別の容器に入れてから、発酵室で発酵が行われます。
当然、容器の素材との相互作用によって納豆菌の働きや発酵は微妙に異なるため、味わいにも違いがでてきます。

プラスチックや紙で出来たパックが一般的ですが、昔ながらの経木や稲わらを用いた納豆も、手作業のため数は少ないですが、今でも製造されています。
無機質なプラスチックや紙とは異なる深い味わいを楽しめるので、ぜひ一度は試してほしいと遊作社長。

新しい納豆レシピ

ごはんに納豆をのせて食べるのが定番ですが、ちょっと変わったアレンジレシピをご紹介します。

フランスパンにバターを塗って大葉、納豆、三つ葉で納豆カナッペの出来上がりです。
お好みでお塩やお醤油で味付け♪

株式会社登喜和食品 × 信濃屋

納豆にオリーブオイルをかけても美味しいです。
全体的にまろやかになって、ご飯にもパンにも合います。
アボカドや胡瓜など野菜を混ぜてもおいしい♪

納豆は究極のファーストフード

納豆は無塩

日本でよく食されている発酵食品に、キムチや生ハムがありますが、少し塩分が高いため、お子様や高齢の方には向かない場合があります。

納豆は無塩です。
お醤油の量など自分で味付けを調整できるので、塩分を気にしている方も安心して食べられます。

火や油を使わずかき混ぜれば小さいお子様でも誰でも手軽に美味しくいただけ、更に栄養もある納豆。
これぞ、日本に昔からある究極のファーストフード。

ぜひ、皆様にもっと納豆を食べてほしい、と遊作社長はおっしゃいます。

株式会社登喜和食品 × 信濃屋

今回も多くのお客様にご参加いただきました。
誠にありがとうございました。

登喜和食品の遊作社長、ありがとうございました。

—————————-
今回ご協力いただいた企業様

株式会社登喜和食品

安心・安全な納豆をつくる為、全ての製品に国産大豆を100%使用。
使用する国産大豆は誰がどこで作ったものかが判る契約栽培農家から仕入れています。
消費者と生産者の安全と環境保全を目的とした特別栽培(減農薬)大豆に取り組んでいます。

http://www.tokiwa-syokuhin.co.jp/

—————————-

You may also like...