お客様向け無料セミナーレポート:オーガニックビーフセミナー(代田食品館8月18日)

文:バイヤー 岩崎忠之

今回はオーガニックのお肉で豪州No.1を誇るアーケディアン・オーガニックのカントリーマネージャー、阿部聡子さんにその魅力についてお話いただきました!

先ずはオーガニック市場からお話をしていただきました。

アーケディアン・オーガニック・ビーフ × 信濃屋

世界のオーガニック市場

アーケディアン・オーガニック・ビーフ × 信濃屋

2000年から2015年で2兆円から9.1兆円と15年で4.4倍と大きく伸びております!
しかも、アメリカでは世界の半数の4.2兆円。
オーガニック食品を時々購入する人口は82%と凄い数字になっております!

このデーターからもオーガニックに関しての意識が高いということは、それだけ地球環境や農薬の問題などを気にしている方々が増えてきていることが十分に理解できますね。

オーガニックの農地面積(2015年調べ)

第一位 オーストラリア 2270万ha
これは、世界の農地の53%にあたります。

日本はというと・・・
1万6千ha
日本の農業全体の栽培面積のたったの0.4%

これだけ見ても日本のオーガニック市場の少なさを感じられますね。
日本の意識の低さなのでしょうか?
それとも環境の問題なのでしょうか?
オーガニックの市場を伸ばして重要性を啓蒙活動させて行くことは
我々の今後の取り組みにも責任がでてきますね。

まだまだ日本はこれからです!
改革と整備が必要ですね。

日本のオーガニック市場(2015年と2016年の対比)

一般社団法人オーガニックヴィレッジジャパン2016年調査「オーガニック白書」より

オーガニック食品売上381億円

オーガニック食品の消費量 42.6%UP
オーガニック認証なし製品 生産量 45.2%
(農薬不使用、減化学肥料)

年々食べるものへの意識が高まっている事が感じられます。
残留農薬はもちろんですが添加物なども我々は意識して商品開発をして行かなければなりません。

アーケディアン
オーガニック&ナチュラルミートについて

今回セミナーでご試食いただいたお肉のアーケディアン オーガニック&ナチュラルミートカンパニー(以下アーケディアン)は、豪州最大の有機・自然食肉のサプライヤーとして知られています。

クイーンズランド州北部を中心に自社農場を運営しており、他に有機認定農場と契約し、農薬不使用・100%完全放牧で育てられた牛や羊を扱っています。
豪州のオーガニックミートだけでなく世界のオーガニック市場を牽引する企業として今注目されています。

アーケディアン オーガニックミートの特徴

・のびのび100%放牧飼育(農薬不使用)=牛さんはストレスを感じてないので健康な牛さん!
・ホルモン剤投与なし=投与すれば・・・
・ 美味しさ保証=美味しくなければ食べたくない・・・ オーガニックで美味しさも保障の印(MSA)
・ 抗生物質使用なし=健康なので薬は不要です。

アーケディアン オーガニックミートの栄養

・鉄分・亜鉛
・オメガ3
・低脂肪 ・ビタミンB群
・低悪玉コレステロール
・たんぱく質
健康やダイエットに最適!

●女性の場合、1食で1日の約半分のタンパク質摂取が可能
●男女とも、1食で1日の約40%の鉄分摂取が可能!

正直、これだけの栄養価が含まれているなんて・・・
っと感じた方も多いのでは無いでしょうか?

アーケディアン・オーガニック・ビーフ × 信濃屋

一般的な輸入ビーフはなぜ安い?

オーガニックでない、一般的な輸入ビーフは和牛に比べてもお手ごろ価格が多いですが安さには理由があります・・・。

アメリカ、カナダの北米産の輸入ビーフはほとんどが肥育ホルモンが投与されているといわれております。
肥育ホルモンは、短時間で牛を大きく成長させるためコストが安くなります。

日本国内では肥育ホルモンは使用されておりませんが、肥育ホルモンを使用した牛肉はどんどん日本に輸入されています。
不思議な現実・・・。

オーガニックビーフは有機栽培の飼料で育てられた牛の肉です。
飼料だけでなくその土地に至るまでオーガニックで、そして自然飼育で育てられた牛の肉を指します。
更に、オーガニックビーフとして認められるためには、各国で定められたとても厳しい基準をクリアしなければなりません。
オーガニックビーフは、手間と時間とコストがかかるためどうしても価格が高くなってしまうのです。

アメリカでは逆にオーガニックビーフの需要が高まりプレミアム価格で販売中であるようです。

食べて美味しい牛肉でなければ・・・

従来のオーガニックビーフも他にはありますが、実際に食べても旨みが無く美味しく感じたことがありませんでした・・・。

けれど、アーケディアンのオーガニックビーフは、食べて肉質もやわらかく、旨みもあり、臭みも感じないお肉でした!
実際に200g食べても、もう一枚食べられる感覚を覚えました!

阿部さんもおっしゃっておりましたが、女性が平気で150g以上ペロッと食べてしまうことができるお肉です!
と皆様にはっきりとお伝えされていました!

お肉を食べると太る?カロリーが高いのではなど心配されますが・・・
それよりも、しっかりと良質なたんぱく質と脂質をとることが重要ですので、糖質を少しでも抑えて良質なお肉を食べることをお奨めします!

良質なお肉は身体も心も満足させます!

食べて元気をもらえるオーガニックビーフを、今後もお客様へお伝えさせて頂きたいと思います!

クリーバーズオーガニックビーフ牧草牛の
美味しい焼き方

焼き方を間違えると美味しさが半減してしまうので、参考までに阿部さんが皆様に伝授してくださった焼き方を掲載させて頂きます。

1. 片面を強火で約1分焼きます。
2. 火を落として弱火で約1分焼きます。
3. 肉を裏返し強火で約30秒焼きます。
4. 弱火に落として約1分半焼きます。
5. ホイルに包み、5~10分寝かして出来上がり♪

ポイント1:肉の温度を室温に戻す
ポイント2:塩・こしょうは焼く直前に!
ポイント3:焼き時間は短くレアかミディアムレアで
ポイント4:焼いた後、ホイルで包み休ませる(2センチ以上であれば5分~10分を目安に)

アーケディアン オーガニックビーフのステーキ弁当を販売しました!
完売でした!ありがとうございました!

アーケディアン・オーガニック・ビーフ × 信濃屋

”美味しく食べ続けて安心!”を大切に、素材の良さを生かした商品の開発や世の中が同質化しているからこそ独自性の商品開発や、新たな食べ方提案を大切にしていきます。
日本の伝統調味料、発酵食品や世界各国の本質を理解して頂く為に、美味しい食材を販売して行きます。

今後も弊社ではこのようなセミナーや生産者をお招きして、お客様と一緒に学び伝え拡げていければと思っております!

常に人から人へと伝える販売を目指し、お客様に喜んでもらえる取り組みを継続的に実施して行きます!

ご参加いただきましたお客様ありがとうございました。
阿部さんありがとうございました。

—————————-
今回ご協力いただいた企業様

アーケディアン オーガニック&ナチュラルミートカンパニー
https://www.arcadianorganic.com.au/

—————————-